マンション経営に失敗しない秘訣【リスク回避のトリセツ】

不動産屋

周辺のマンションを調べる

PC

マンション管理会社はランキングでは見えてこない部分が多く、住んでいる周辺のマンションを調べ評判を聞かれても良いと思います。また、各地域には管理組合の団体が組織されており、そこへ問い合わせても良いと思います。

不動産投資は講習会が大切

セミナー

マンション投資をする場合はセミナーに参加をして、マンション経営のメリットとデメリットを知る事が肝心です。マンション投資のセミナーに参加する事で、多くの知識を得る事ができますし、マンション投資を行っている人と、知り合う事ができるためオススメです。

マンション経営

マンション

購入したマンションを貸すことで収入を得ようとすることは、銀行などの利子が大変低いことに比べると、賢い資金の運用の方法だといえます。どのような物件を購入するか、はもちろん、購入した物件に額やリフォームなどで工夫を加えて、借り手が多い物件にすることが大切です。

不動産を経営

お金

マンションは一般的に家賃が高くて、そして部屋数も多い物件が多いために、経営が成功することによって大きな家賃収入を期待できます。もっともマンション経営を失敗してしまう事例も複数あります。その1つの失敗例としては、大家としての責任を果たさなかった場合です。例えばマンションは高層の物件が多いために、上階の住民に部屋にとってエレベーターの利用は必須であるといえます。しかしエレベーターは毎月の整備や清掃をしなければ故障をしてしまうケースが存在します。大家の立場でこのような整備を怠ってエレベーターが故障させてしまった場合、住民からの不満が溜まって、口コミ等でマンションの人気が下がる可能性があります。その結果、空き室が目立つようになりマンション経営に失敗してしまいます。

マンション経営で失敗しないためには、マンションを人気の物件とする必要があります。その理由は、人気のマンションであるならば、空き室が全て埋まる可能性が高いために安定した家賃収入を得られるからです。所有するマンションを人気の物件とする方法の1つとして、内装と外装を含めてメンテナンスをしっかりと行うことが挙げられます。マンションの外装が綺麗だと借り手としては安心感があるために人気が集まる傾向があります。また外装よりも重要なのが内装のメンテナンスです。例えば水道管は初期のまま放置しておくと、年数が経過することによって水道管の故障や水道管内部に錆が出てくる可能性が高くなります。水道管は生活のために必須のものであるために、定期的にメンテナンスを行うことがマンション経営を成功させる秘訣となります。